デジタルサックスとは : ヤマハ(YAMAHA)楽器の特徴、価格、歴史について

Instrument

デジタルサックスはYAMAHA(ヤマハ)が開発した新しい電子型のサックスの楽器です。2020年に開発され、サックスのアコースティック感を残しつつデジタル化した独自設計でとても人気になりました。世界的な電子部品の供給不足により、生産が遅れており、供給が全く追いついていない状況です。そのため、ユーザーはしばらく待たされる展開が予想されます。デジタルサックスは、いつでもどこでも練習できることからとても需要があります。

場所

日本でこの楽器は生まれました。YDSと言うシリーズがでておりヤマハの公式でも情報を見れます。サービスでは体型の詳細まで見れます。オーディオのプロと同じように音量を調節し、サンプリングされたシンセサイザーの音が鳴ります。口から吹くリードの楽器で本体は店舗やネットからもちろん買えるので安心です。もちろん商品はピアノなどの機器とともに融合して楽しめる感覚ですから技術を活かした合奏が可能です。新たな大きいリコーダーですので全体としても目立ちますが心地良い音色を身近で楽しめるのです。

価格について

価格は数万円から数十万円のものもあります。

開発会社

YAMAHA

Digital Sax Product List

デジタルサックスの歴史

デジタルサックスはまだ開発されて2年程度しか経っていないため、とても新しい楽器です。デジタルサックスはYAMAHAによって設計、開発されましたが、発売当初から、注文が殺到している状況で供給が全く追いついていません。そのため世界的に供給不足であることから、ユーザーはしばらく待たされる展開が予想されます。YAMAHA株式会社はこのサックスを作った背景として、「いつでも」「どこでも」「誰でも」気軽に練習できることをコンセプトとして開発したことを語っています。管楽器はどうしても大きな音が鳴ってしまうことから、場所を選んで練習しなければならないという問題を抱えていました。奏者たちは河原や大きな住宅で練習せざるを得ない運命にありましたが、この楽器の登場により変わっていく可能性があるのです。

デジタルサックスの特徴

デジタルサックスは電子化されたサックスであることから、狭いアパートの部屋でも練習できるのが最大のメリットです。サクソフォンの音色はそのままに、静音化を実現。ヘッドホンを接続すれば、周囲に音を出さず自分の演奏に集中することも可能です。スピーカーユニット、エンクロージャー、音響管、イエローブラス製ベルで構成されており、マウスピースから吹き込んだ息をブレスセンサーが検出、デジタル音源システムがスピーカーを駆動し、音と振動がイエローブラス製ベルにまで伝わります。電子楽器ではあるものの、マウスピースに息を吹き込み、正しい指使いでキーを操作することで音を鳴らすことができます。ソプラノ/アルト/テナー/バリトン各種の音域、音色に切り替えて演奏できますし、ビブラート奏法も実現可能になっています。ただし吹奏楽器ですので、肺活量が必要になることに変わりはありません。初心者は息が苦しくなることがありますが、慣れることで解消できるでしょう。

デジタルサックスの音質

デジタルサックスの音色、音質はかなり本物に近いレベルになっています。しかし本物のサックスに比べれば安っぽい音ですので、あくまで現在のデジタルサックスは練習用という位置づけが妥当です。しかしながらサックス奏者にとっては時間も場所も選ばずに練習できることから、とても期待できる楽器と言えます。

デジタルサックスの曲

デジタルサックスはまだ発売されてから2年ほどしか経過していません。そのことから、まだまだ使用用途は練習用だけに限られていますが、今後色々な場面で使用されることが期待されます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました