【音楽オーディション情報】日本のメジャーレーベル一覧 歌手、作曲家、作詞家 プロになるための方法

Audition

レコード会社一覧を紹介します。日本の音楽業界は衰退産業と言われており、2022年現在世界2位の市場ではあるものの、これから急降下していくであろう業界と言われています。しかしそんな業界でも歌手になりたいと思う人はいくらでもおり、需要に対して供給が多い状態です。そんななか、日本の音楽業界でプロになりたい歌手志望者や作家志望の人向けにメジャーレーベルのリストを作りました。

応募についての注意点

これから下記に日本のメジャーレーベルの一覧を提示しますが、応募に関しては下記の注意点に気を付けましょう。書類選考で9割以上が落選すると言われているため、書類選考に通過できるかどうかが最大のカギです。書類選考が通過すると、レコード会社から連絡が入り、面接になります。そしてその面接を突破すればメジャー契約を獲得することができます。書類選考に当たっては下記の事項に注意しましょう。落選してしまった場合は、また1,2か月間を空けてから再応募してみましょう。勿論音源などの見直しも必要です。

ホームページ

メジャーレーベルはだいたいの場合、ホームページなどでオーディションを受け付けています。受け付けていない場合は、デモテープを送っても無視されることが多いので、無駄打ちになってしまいます。募集があるかどうかは常にホームページでチェックをかけてください。募集している時期としていない時期もあります。

写真

作詞家や作曲家、アレンジャーなどはあまり写真は意識されませんが、歌手やアーティスト志望の場合は写真が大事です。そのため、まずは写真スタジオなどに行って、綺麗な写真を撮影しましょう。写真は全身写真と顔写真の2枚を要求することが多いので、2種類撮影するようにしてください。

音源

音源はすべてのアーティスト、作家などにとって一番大事なものです。これがだめだと何をやってもうまくいきません。可能な限り品質の高い音源を作成してください。音楽スタジオを使って収録するか、自宅で収録することをお勧めします。今のオーディションは音源ファイルをアップロードする仕組みのところが大半です。

プロフィール

プロフィールは音源の次に大事なものです。自己紹介など短文で終わらせてしまうと、相手に対してインパクトが残りません。しっかり作り込むことが大事です。実績などがない人は自分の得意ジャンルや、得意な楽器などをアピールすることが好ましいです。いずれにしても内容の濃いものにした方が賢明です。

日本のメジャーレーベル一覧

ユニバーサルミュージック

外資の音楽レーベルで、世界三大レーベルの一角です。非常に長い歴史を有する日本のレコード会社で安定して経営をしてきた経緯があります。オーディションは時期によって開始されていたり、されていなかったりするため、時期とタイミングが重要です。

Home Page

ワーナーミュージック

外資の音楽レーベルで、世界三大レーベルの一角です。三大レーベルの中では一番小さな会社ですが、ワーナーブラザーズの傘下にあり、宣伝力はとても強いです。この会社のオーディションはホームページなどで告知されていることが多いため、こまめにチェックしたほうがいいでしょう。

Home Page

ソニーミュージック

外資の音楽レーベルで、世界三大レーベルの一角です。日本では最も経営が安定している会社で、オーディションも多くあります。ソニーミュージックの場合は独自のオーディションページで募集していることが多いです。マンスリーオーディションもあります。

Audition

Info

JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント

ビクターも日本ではとても有名です。この会社も独自オーディションページを持っており、常時募集を受け付けているオーディションと企画型で期間限定のオーディションがあります。時期によってはチャンスが多数あります。

Audition

ヤマハミュージックコミュニケーションズ

ヤマハは世界でもトップレベルの音楽楽器メーカー。そのヤマハは楽器製造だけでなく、音楽教室、アーティストマネジメントなど多岐にわたって、事業を展開しています。オーディションも年中行っているものがあります。

Auditon

ポニーキャニオン

ポニーキャニオンはフジサンケイグループの音楽メーカーです。ただ、この会社はあまりオーディションが頻繁に行われているわけではないため、時期によっては全くチャンスがないこともあります。時期の見極めが重要です。

Home Page

よしもとミュージック

よしもとミュージックはどちらかというと芸人向けのレコード会社。アーティスト募集よりは作家を募集していることが多いです。作詞家、作曲家、アレンジャーなどであれば常時募集があります。

Audition

フォーライフミュージックエンタテイメント

レーベルや芸能プロダクションの資本下ではない独立系のレコード会社です。有名なアーティストも複数いて、チャンスはあります。オーディションは年中募集しているものがあるため、誰でもチャンスがあると言えるでしょう。

Audition

日本コロムビア

アメリカのコロンビアミュージックと提携関係にあり、とても古い会社です。歴史は長く数十年運営してきている会社です。オーディションは常時行っており、年齢制限も特にないというのが利点。多くの人にチャンスがあります。

Audition

エイベックス

エイベックス・グループは音楽と映像の事業を展開しており、音楽に限らず色々な方向で事業展開をしている会社です。大きな会社であることから、オーディションは複数開催されており、自分の好みに合わせて、応募できます。

Audition

キングレコード

キングレコードはどちらかというとアイドル系。この会社のオーディションはちょっと形式が古く、でも書類などを郵送する形式になっています。他のオーディションに比べると、ちょっとやり方が古いかもしれません。

Audition

実力を身につけるには?

まだ自分の実力に不安があるなら、スクールなどへ行っておきましょう。レコード会社ではポップスだけでなく、アニメの歌や映画など色々な機会があります。メジャーレーベルは放送もされるようになり露出も多くなりますので掲載されるようになると、有名になれるチャンスは広がります。徳間ジャパンコミュニケーションズ、ドリーミュージック、ビーイング、トイズファクトリー、アップフロントワークス、アリオラジャパン、日本クラウンなど専門の大手のレーベルサービスが多いですので、挑戦する前に実力をつけておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました